女性用パンツをかぶってみた〜Shame Attack Exercise(羞恥心粉砕法)

恥ずかしい行動をあえてやってみることで「恥ずかしい」気持ちを克服するshame attack exercise(羞恥心粉砕法)

最近のワイドショー的なニュースを見ながら、「女性用のパンツを頭にかぶるのは、とても恥ずかしいことではないか」と思い、挑戦してみることにしました。

 

スーパーで女性用のパンツを買う

女性用パンツ3枚入りの写真

女性用下着は家にもありますが、勝手にかぶると怒られるので、近所のスーパーで調達することに。

レディース下着売り場で3枚入り1000円のパンツを買ってみました。

お金を払いながら、無言で買うのもイヤだなと思い、レジで店員さん(女性・50代くらい)に聞いてみます。

「こういうところに、男の人はあまりこないですかね?」

すると「いえいえ、よくいらっしゃいますよ」という意外な答え。

「ご家族のを買いに来られる方もいますし、介護で必要だったり

あーなるほど。そんなことはまったく想定していなかった。

僕が売り場を振り返りながら感心していると、店員さんが追い打ちをかけるように喋ります。

「自分のために買いにくる人もいますしね。上下セットでも

「え、上下って、ブラも?」

僕が驚くと、店員さんは「よくぞ聞いてくれました」という自信たっぷりの表情でジェスチャーを交えながら「(私が)サイズを測ることもありますよ」と。

いやあ、ものは試しで聞いてみるものです。介護の話、趣味嗜好の話短い会話でしたが女性用下着の見方が一気に広がりました。

 

パンツをかぶって写真を撮ってみる

さて翌朝、いよいよ撮影です。

女性用パンツ3枚

3枚のうち、どれがいちばん恥ずかしい感じだろう?という基準で、青は後回し。

僕はもともと、自分の写真を撮ること自体に恥ずかしさを感じます。

スマホで自撮りはしないし、記念写真もアップではなく引き気味の写真が多いです。

そこをあえて挑戦してみます。

2枚のパンツであれこれ撮ってもらって、選んだのがこの写真。

パンツをかぶった筆者

いかがでしょう。

たしかに、恥ずかしいです。

でも一方で、今までできなかったことをやってみたという、スッキリした気持ちも感じました。

撮ってくれた妻は呆れつつも、「いっそのことプロフィール写真にしたら」と言っていましたが、とりあえずはひとつの実験として残しておきます。

恥ずかしいことをわざわざやってみるシェイムアタック・エクササイズ

またネタを見つけて挑戦するつもりです。

パンツをかぶってピースサインをする筆者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。