「きくこといいこと」は「傾聴」(listen)と「質問」(ask)という2つの「きくこと」をつうじて「いいこと」を実現するプロジェクトです。

「いいこと」ってどんなこと?

では、この「いいこと」とは何か? 私はこんな風に考えています。

「それぞれの人が

  1. 自分らしい自然体で
  2. 周りと協調的な関係を築きながら
  3. 目標に近づけること

傾聴と質問の技術を身につけることで、この「いいこと」が実現できるのです。

「自分らしく」「いい関係で」「目標に近づく」前向きなイラスト

 

「きき上手」になろう!

あなたが「この人なら信頼できる!」という人を思い浮かべてみてください。その人は、「きき上手」な人ではありませんか。決してひとりよがりではなく、あなたの気持ちに寄り添ってくれる人ではないでしょうか。(2)

そんな「きき上手」になるためには、「自分との関係」が意外と大切です。喜び、悲しみ、怒り、不安…そのときどきの気持ちを素直に受け入れられる人こそが、相手に寄り添って話を聞くことができます。(1)

また、目標を立てそれを達成することは、「問いを立てその答えを見つけること」でもあります。「現在地はどこか」「目的地はどこか」「現在地から目的地までどうやって行くのか」…そのひとつひとつを明らかにすることで、一歩ずつ、目標に近づくことができます。(3)

「きき上手な人は自分自身との関係がいい」というイラスト

逆にいえば、あなたがもし「(自然体でいられず)いつも無理をしている」「周りとうまくいかない」「目標に近づけない」などの悩みを抱えているとしたら、「きくこと」ができていない可能性が高いのです。

「きくこと」(傾聴と質問)の方法を身につけて、皆さんも「いいこと」を実現しませんか?