(前回)15歳の君にも分かる~失敗への取り組み方:REBT入門(2)「100人ナンパして分かったこと」

苦しむか、苦しまないかは、自分で選べる

REBTを身につければどんないいことがあるか? エリス博士はこんな意味のことを言っています。

「失敗したとき、物事がうまくいかないとき、苦しむか、苦しまないかを、あなたは自分で選べるようになる。」

…「苦しむか、苦しまないかを自分で選べる」とはどういうことだろう?

社会一般の常識では、私たちは周りの人や出来事によって、苦しめられたり、怒ったり、動揺したりするはず。

たとえば、「あいつが悪口を言ったから、私は怒った(落ち込んだ)」というように。

ところがREBTの理論では、そうではないんだ。

「あなたを苦しめているのは、周りの人や出来事ではない。あなた自身なのだ」と。

イラスト「自分で?」

では、なぜそうなるのか? REBTではそれをシンプルな「ABC理論」として説明します。

 

「出来事」が「結果」をもたらすのではない。

たとえば、こんな状況があるとしよう。

(例1)

親友だと思っていた友達に裏切られた。あんなに仲良くしていたのに、手のひらを返されるとは。許せない! そして同時に、自分はもう何の価値もないように感じる。誰からも愛されないダメ人間だ…

イラスト「もうダメだ…」

 

この人は、「友達に裏切られた」という「出来事」が、「怒り」や「絶望」の原因となっていると思っている。

でも、果たしてそうだろうか。同じ状況だけど、別の結果になる例を見てみよう。

 

(例2)

親友だと思っていた友達に裏切られた。あんなに仲良くしていたのに、手のひらを返されるとは。とても残念だ…。だけど友達に裏切られたからといって、この世界の終わりじゃない。人生はつづくさ。何とかやっていこう。

イラスト「何とかやっていこう」

 

どうだろう。

「長年、親友だと思っていた友達に裏切られた」という「出来事」は同じだけれど、「結果」は違う。

例1の人は、「許せない」と怒ったり、「自分はダメ人間だ」と落ち込んだりしている。

一方、例2の人は友達の裏切りを「残念」と思いながらも、だからといって「この世界の終わりじゃない」と考え、「何とかやっていこう」と、これから先に目を向けている。

 

ここで分かるのは、「出来事」が「結果」を引き起こしているのではないことだ。

もし「出来事」が直接的に「結果」をもたらすのだとすれば、同じ「出来事」が起これば、誰もが同じ「結果」になるはずだ。

でも、そうはならない。

なぜだろう?

 

ここで、「出来事」を(A)、「結果」を(C)としよう。

イラスト「できごとと結果」

 

REBTでは、出来事(A)と結果(C)の間に、「信念/思い込み/ビリーフ」(Belief)があると考える。つまり(B)だね。

(ちなみに、英語では「出来事(A)」は “Activating Event” or “Adversity”(A)、「結果(C)」は “Consequences”)

 

(例1)のケースだと、この人は「友達に裏切られることは絶対に起こってはならないことだ」とか「友達に裏切られたら、自分は無価値だ」というような(B)を持っている。

だから、「友達に裏切られる」という「出来事」(A)が起きたときに、その(B)を介して、「怒り」や「落ち込み」という「結果」(C)を引き起こしている。

 

一方、(例2)のケースでは、同じ「出来事」(A)に遭遇しても、「友達に裏切られることは残念だ。でもそれはあり得ることだし、自分の価値がそれで決まるわけじゃない」という別の(B)を持っているから、「残念だけど、何とかやっていこう」という別の「結果」(C)になる。

 

つまり、おなじ出来事(A)が起こっても、あなたの心の中にある(B)(ビリーフ)によって、結果(C)がまったく違ってくるということだ。

イラスト「Bによって結果Cが違う」

どうだろう。この記事の冒頭で紹介した「出来事によって苦しむか、苦しまないかはあなた自身が選ぶ」ということの意味がわかるだろうか。

 

あなたを苦しませるのは、あなたのB (ビリーフ/信念)である

心理療法によっては、「過去のできごとが今の自分を決める」という考え方もあるけれど、REBTは真っ向からそれに反対する。

つまり、「あなたがいま苦しんでいるのは、あなたの中にあなたを苦しませる(B)があるからだ」という考え方。

「過去のできごと」でも「今のできごと」でもなく、あなた自身の中にある(B)。そこに、あなたが苦しみから自由になったり、自分の感情や行動をコントロールする鍵があるということ。

イラスト「過去や今のできごと」ではなく「B」

 

だから逆にいえば、その(B)を何とか変えるができれば、たとえどんな「できごと」(A)があっても、「結果」(C)を変えられる、ということだね。

その意味で、REBTは人がどんな出来事や逆境にも負けないで、望ましい方向に変わっていくことを、強く後押しする心理療法なんだ。

15歳の君にも分かる~失敗への取り組み方:REBT入門(4)いいネガティブ vsわるいネガティブ