10分で「聴くことの大切さ」がわかる!【地蔵のワーク】

地蔵の写真

「相手の話を丁寧に聴くことが大切」と言われても、いまいちピンとこないあなた。10分であなたの「聴く態度」が大転換するかもしれない実験があります。

それは「地蔵のワーク」といいます。

「地蔵のワーク」は簡単で効果抜群ですが、1人ではできません。家族でも同僚でも友達でもいいので、2人ペアで行います。

 

【地蔵のワーク】

まず、話し手と聞き手を決めます。話し手は聞き手に1分間自分の話をします。

内容は何でもいいです。たとえば、「今日起きてから今までにあったできごと」というようなことで構いません。

(1回目)
聞き手は話し手の方を見ず、90度横を向いて無表情でいてください。
話し手は無表情の聞き手に向かって1分間喋ります。

…どんな気持ちになるでしょうか。

私の場合だと、15秒も経たないうちに、話す意欲が失せてきます。だんだん不安な気持ちになってきます。

皆さんも、どんな気持ちになるか、試してみてください。

(2回目)
こんどは、聴き方を変えてみます。聞き手は話し手に顔を向けます。微笑みを浮かべ、うなずいたり、相づちをうったりしながら、話に興味を示して積極的に聴いてみてください。

…こんどはどんな気持ちになるでしょうか。

同じ1分が、話し手にとっては全然ちがう時間になります。私の場合は、「聴いてもらって嬉しい」「もっと話したい」という気持ちがわき上がってきました。

少なくとも、1回目と2回目の違いは十分に実感できるはずです。

 

この「地蔵のワーク」、話し手と聞き手が交代して、1分×4回行ったとしても、10分もかかりません。たった10分で、「相手の話を丁寧に聴くことの大切さ」が実感できるのは、オトクだと思いませんか。

自分が話しかけても、相手にテレビやスマホから目を離さないまま生返事をされて、話す意欲がしぼんでしまった経験はありませんか。逆に、家族や同僚や友人から話しかけられたときに、無関心なをとってしまうこともあるんじゃないでしょうか。

いちど「地蔵のワーク」を経験して「相手がどんな気持ちになるか」を実感しておくと、相手から話しかけられたときに、どんな対応をするかが選べるようになります。

そうやって「聴き方」が変われば、家族関係その他の人間関係もいい方向に変わるかもしれませんね。ぜひお試しあれ。

 

※この記事は旧ブログ「質問学」(2016-12-04)の転載です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。