「ストップ、ドロップ&ロール」(止まって、倒れて、転がって)〜HFC10月イベントの紹介


「ストップ、ドロップ&ロール」(止まって、倒れて、転がって)

「ストップ、ドロップ&ロール」(止まって、倒れて、転がって)という、アメリカの子どもたちなら誰でも知っている標語があります。何だか分かりますか? 実は、衣服に火が燃え移ったときにすべき行動なんです。

「ストップ、ドロップ&ロール」のイラスト

火事のとき、あるいは料理やバーベキューや花火のとき。もしも衣服に着火してしまったら、どうしたらいいでしょう?

慌てて走り出すのは危険です。風が起こってさらに火が大きくなります。

服を脱げばいい? ・・・そんなに一瞬では脱げませんよね。

そこで、「ストップ、ドロップ&ロール」(止まって、倒れて、転がって)です。

(1)慌てて走ったりせず、まずその場に止まる。

(2)次に、地面に倒れ込む。

(3)最後に、地面で左右に転がりながら、服についた火を消す。

アメリカの子どもたちは、こうして、万一に備えた練習をするのだそうです。

Stop, drop and rollで検索すると、いろんな映像が出てくるので、よかったらチェックしてみてください。

参考記事:千葉市「ストップ、ドロップ&ロール!!」(着衣着火の対処法)

失敗やトラブルでもパニックにならない方法

同じことは、私たち大人が「失敗」や「トラブル」に遭遇したときにも言えます。

生きているかぎり、やることなすことすべて100点満点でクリアできることはありません。必ず失敗やトラブルに遭遇します。

イラスト「つづくハードル」

そのときになって焦ったりパニックになるのではなく、「失敗・トラブルに遭遇したときにどうするか」を予め考えておけば、いざというときに落ち着いて対応することができます。

「失敗・トラブルでもパニックにならない方法」告知画像

ハートのフィットネスクラブ11月のイベントでは「失敗・トラブル」に対する考え方や心構えを学びます。

内容は

  • 「最善のシナリオ」と「最悪のシナリオ」のシミュレーション
  • 「硬直した考え方」と「柔軟な考え方」
  • 「自己肯定感」の扱い方

などになる予定です。

衣服に火が燃え移ってから慌てるのではなく、「衣服に火が燃え移ったらどうするか」を一度考えておく。

そんなワークショップに参加してみませんか。

→HFC11月定例イベント「失敗・トラブルでもパニックにならない方法」(申し込みページ)

ハートのフィットネスクラブの過去の定例イベントについては、下のページをご参照ください。

→ハートのフィットネスクラブ定例イベント

→ハートのフィットネスクラブ(初月無料)

皆様のご参加をお待ちしています。

このページの執筆者

藤本祥和(REBT心理士/動機づけ面接トレーナー/ハートのフィットネスクラブ主宰)

クリックでフォローできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。