生まれて初めて学会に入会。REBT(論理療法)はかなり「使える!」

学会の会報や論理療法の本など
生まれて初めて「学会」なるものに入会してみました。

「日本人生哲学感情心理学会(J-REBT)」という、かなり怪しげな名称(笑)
一般には「論理療法」(Rational Therapy)と呼ばれることも多い心理療法です。
秋の講座を受けるには入会が必要とのことで、思い切って入ってみました。

僕が論理療法(REBT)をさらに学んでみようと思っているのは、これがかなり「使える」と思ったから。

「怒り」「不安」「嫉妬」「恥ずかしさ」などのネガティブな感情に対して、REBTの手順どおりに原因さがしをすると、スッキリと次の行動に移れるようになってきました。

世の中にはいろんな心理療法があって、人によって向き不向きもあると思いますが、ロジカルに考えるのが好きな人には合っていると思います。

○コミュニケーション(声、話し方、聴き方)
○心理療法(傾聴、REBT、MI)
○論理的思考・問題解決

この3つの分野を自分なりに関連づけるのが、この夏の課題でしょうか。

REBTについては、そのうちアメリカのinstituteでも研修を受けてみたいのですが、今の英語力だときびしそう〜(泣)
逆に、英語を上達させるモチベーションになるかもと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。