人間のふたつの袋

その昔、神様は人間を創ったあと、二つの袋を首に掛けさせました。ひとつの袋には他人の欠点、もうひとつの袋には自分の悪いところが入っています。他人用の袋はからだの前に、もうひとつの袋はからだの後ろにぶら下げました。それいらい人間は、他人の欠点にはすぐ気がつくけれども、自分の悪いところはめったに気づかなくなりました。

参考:『ギリシア・ローマ名言集』(岩波文庫)

前に「他人用」、後ろに「自分用」の袋をぶら下げた人たちのイラスト

これは二千年以上も昔の寓話です。でも人間というものは今も変わらないものだなあと、周りを見ていて思いませんか?(まずは自分からですけど)

 

【追記】このお話についてFBで海外からコメントをもらいました

  • マレーシアの友人から:「マレーシアでは、これはことわざになっています」
  • チュニジアの友人から:「チュニジア-アラビアでは同じことをこう言うよ。『ラクダは自分の背中を見ることができない』

世界のいろんな国で似た話があるんですね。

 

※この記事は旧ブログ「質問学」(2015-11-11)の転載です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。