たわしのいいところ

たわしの絵と「たわしのいいところ」の文字

朝のテレビ番組で「ほめる達人」のトピックがあった。

新聞を読みながらだったので、ちゃんとは覚えてないのだけれど、企業研修などで、まず「たわし」のいいところを捜してほめる練習をするそうだ。

たわしのいいところ…「一見硬そうに見えて柔軟なところもある」とか「きれいにするのを手伝って喜ばれる」とか?

そして、たわしをほめる練習をしたあとは、家族や友だちをほめる練習をする。

そうすれば、いつも人のいいところを見つけてほめるモードでいられるという趣旨。

ここで面白いと思ったのは、まず「たわし」から入るところだ。

たわしのいいところ…ありそうで、なさそうで、でもやっぱりあるはず!!

この研修を受けた人は、たわしにもいいところがあり、誰にでもいいところがあることを忘れないだろう。

最初に興味をもってもらう、入り口を作るアイデアがそこにある。

 

フォローどうぞ


たわしのいいところ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 八幡亜紀子 より:

    たわしの良いところ

    汚いところを黙って綺麗にしてくれる。
    お手頃価格で手に入れられる
    ハリネズミを作れそう
    上履きの頑固な汚れも落としてくれる
    乾布摩擦で肌を鍛えられる

    楽しい課題をありがとうございました。
    今日のワークも楽しみにしてます!

    1. ふじもと より:

      八幡さん。たくさん見つかりましたね (^^)
      ありがとうございました。
      ワークはあのあと、より初心者が分かりやすいように改良しました。
      http://kikukoto.net/2020/09/23/cafe_empathy/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。