人間だものカタログ「権威からのぎろん」

怪しげな「世界的権威」の人のイラスト

 

テレビのニュースや新聞、大学教授や医者の発言などなど、エライ人の言葉を「○○さんが言ってるから正しい」と信用することを「権利からの議論」といいます。
「権威からの議論」は日常生活に欠かせません。NHKのニュースを見ていちいち「この事件は果たして実際に起ったことだろうか」と疑っていては、世間話もできなくなります。

権威からの議論は、たとえるなら青信号のようなものです。「青信号なら渡ってもいい」…たいていはこれでOKです。だけど自分の目で確認することを怠っていると、思わぬところで痛い目にあうかもしれません。

権威者を見るときは、キラキラした眼差しでもなく、かといって顔を背けるのでもなく、薄目を開けておきましょう。大学教授や医学博士など立派な肩書きを持っていても発言がデタラメな人は案外多いものです。

※この記事は旧ブログ「質問学」(2012-0217)の転載です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。