熱愛中のカップルに写真を撮ってもらう〜Shame Attack Exercise(羞恥心粉砕法)

この3連休は、楽しみにしていたREBT(論理療法)の3日間セミナー。

1日目は、REBT理論の基礎を学んだり、受講者同士で役割分担するピアカウンセリングをしたり。
受講者の質問も活発で、よいスタートがきれました。

夕方にセミナーが終わったあと、散歩がてら代々木公園をぬけて原宿方面に向かうことにしました。
久しぶりの代々木公園。連休初日ですが台風が近づいていることもあってか、人はまばらです。

しばらく歩くと、池が見えました。

代々木公園の池

池のほとりのベンチでは、二十代ぐらいのカップルが抱き合い、二人だけの世界をつくっています。

そうだ。熱愛中のカップルにあえて声をかけてみるとどうなるだろう?

池の写真を1枚撮ったあと、抱き合っているカップルに声を掛けてみました。
なかなかの美男美女カップルで、どちらもモテそうな感じ。

「すみませーん! 写真1枚撮ってもらってもいいですか?」

イケメン彼氏は、一瞬おどろいた表情。

でも、ほとんどためらいなく「いいですよ!」と神対応。

やや不満げな表情の彼女をベンチに残し、中年おじさん(私)の写真を撮ってくれました。

池の前に立つ筆者

ところが、これ1枚で終わりではありませんでした。

僕が礼を言ってカメラを受け取ろうとすると、「ちょっと待って下さい」と彼氏。

「もうすぐ後ろの噴水が高く上がりますから、それを待ちましょう!」と逆提案。

数秒ほどして噴水が高くなったところで、キメの1枚を撮ってくれました。

池の前に立つ筆者。後ろの噴水は高く上がっている。

イケメン彼氏くん、どうもありがとうございました。

恥ずかしいことをあえてやってみるシェイムアタック・エクササイズ。

また思いついたらやってみます。(REBTの勉強と合わせて)

フォローどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。