REBT(論理療法)とCBT(認知行動療法)は何がちがう?

REBTベーシックコースの2日目。

1日目の理論についで、今日はREBTを実践するうえでの13ステップを1日かけて。

今まで曖昧だったいろんなことがクリアになりました。

たとえるなら、REBTという「道具箱」があるとして、これまで自己流で使っていた道具の正式な使い方を教えてもらった感じ。

「なるほど、そうやるのか!」という発見がいくつもありました。

 

REBT(論理療法)とCBT(認知行動療法)は何がちがう?

さて、ここで少し気になったのがREBT(論理療法)とCBT(認知行動療法)の違い。

 

REBTは広い意味での認知行動療法に含まれますが、アルバート・エリス(1913-2007)のREBTアーロン・ベック(1921- )のCBTには、次のような違いがあるとひとまず理解しました。

ものすごく大雑把ですが、とりあえず書いてみます。

 

ケース:LINE既読スルーで傷ついた女の子

LINEと、心が傷ついた女の子の絵

「友達にLINEしてもなぜか既読スルーばかり。私は嫌われてしまったんだ。傷ついて立ち直れない」という女の子がいるとします。

素朴に考えると、「既読スルー」(事実)が原因で「傷ついて立ち直れない」(感情)が結果に思えます。

 

事実と感情の間にある2段階のプロセス

ラインから女の子まで2段階あることを示すイラスト

ところが、この「既読スルー」から「傷ついて立ち直れない」までには、少なくとも2段階のプロセスがあります。

 

「既読スルー」(事実)

「私は友達に嫌われた」(解釈)

「友達に嫌われたら耐えられない」(信念)

→「傷ついて立ち直れない」(感情)

 

この見過ごされていた「解釈」や「信念」の部分に注目します。

ここが変われば、感情も変わるという考え方です。

 

「解釈」のCBTと「信念」のREBT

CBTとREBTの矢印が加わる

事実から感情へといたるこのプロセスのうち、「解釈」にツッコミを入れるのがCBT(例:本当に嫌われたの?別の可能性は?)、「信念」にツッコミを入れるのがREBT(例:嫌われたからって本当に耐えられないの?)になります。

どちらも原因究明のあと、さまざまな方法を駆使して感情や行動の改善をはかります。

 

来談者中心療法(傾聴)のアプローチ

女の子の傷ついたハートのそばにCCTの文字

ちなみに、カール・ロジャーズ(1902-1987)の来談者中心療法(CCT)=傾聴は、上の2つとはまた違う方法です。

「傷ついて立ち直れない」という感情にひたすら寄り添い、そのまま受けとめます。

そうすれば、その人自身が本来持っている力でよい方向に変化するという考え方です。

 

いかがでしょう。え、単純化しすぎですか?(笑)

 

僕もまだまだ学んでいる途中なので、詳しい方にはぜひいろいろ教えていただきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。