REBTとクリティカル・シンキング

論理系の本が沢山写った写真

この写真は7年前に撮った私の蔵書です。再発見! このころは論理学やクリティカル・シンキングが一番の関心事でした。

クリティカル・シンキングは、ものごとの結論だけを眺めるのではなく、その結論へと至る筋道を、隠れた前提や証拠も含めてチェックする思考法です。

たとえば、「僕の祖父はヘビースモーカーで90歳まで生きた。だからタバコは体にいい」という人がいるとします。この論理は怪しいですね。祖父のエピソードは事実でも、それがタバコが体にいいことの論拠になるでしょうか。もっと多くのサンプルで調査すれば、喫煙者のグループの方が短命になり、タバコが有害であることが分かります。

ごく少ないサンプルだけで全体を判断することは「過度の一般化」だといえます。たまたま出会った東京の人が不親切だったからといって、東京の人みんなが不親切だとはいえません。

改めて眺めると、クリティカル・シンキングとREBT(Rational Emotive Behavior Therapy, 論理療法)は相性がいい。

思い切って言うなら、REBTは「感情の問題にクリティカル・シンキングを適用する問題解決法」という見方もできそうです。

REBT心理士 藤本祥和(→オンラインカウンセリング

(関連記事)REBT(論理療法)とCBT(認知行動療法)は何が違う?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。