心から楽しんでかくこと(GWに)

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。

私は、連休中にホームページの作業を進めています。人と会ったとき「ぜひホームページを見てください」と言えるように。

とはいっても、いちどにコンテンツは増やせないので、一歩一歩ですけどね。

私の部屋にあった『藤子・F・不二雄のまんが技法』(小学館文庫)という本にいいことが書いてありました。

『藤子・F・不二雄のまんが技法』(小学館文庫)の写真

「まんが」をかく、というと、いかにもむずかしいことのように感じる人がいるかもしれません。でも、「まんが」をかくことはむずかしいことでもなんでもないのです。ぼくの仕事場にも、どうやったら「まんが」をうまくかけるか、という質問がよせられます。ぼくの答えは簡単です。紙にエンピツでかきなさい――インチキだろう、なんて怒っちゃいけません。ほんとうのことなんですから……。

 一本のエンピツと一枚の紙(らくがきノートでも、スケッチブックでも、チラシの裏側でもよい)を用意して、あとは楽しい「まんが」をかこうという人(きみ)がいればいいのです。

(中略)

 上手下手を気にする前に、心から楽しんでかくこと。それが「まんが」が上手にかけるようになるための、ただひとつの秘訣なのです。

(『藤子・F・不二雄のまんが技法』(小学館文庫)p14〜 16、太字は引用者)

いかがでしょうか。「きくこといいこと」のホームページも、まずは私自身が心から楽しんでかいてみようと思いました。

文章が特別うまいわけでもない。イラストが上手にかけるわけでもない。画像処理も大してできない。でも、伝えたいことさえあれば、下手でもいいから、楽しみながらそれを積み上げていこうと思うのです。

(はじめに)

◎どんなホームページ?

◎ロゴにこめた想い

◎どんな問題が解決できるか?

いくつかの記事をアップしたり、写真やイラストをつけ加えたりしています。

みなさん、ぜひご覧になってください。コメント・感想・アドバイスなどもいただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。