ダイエットできないのは意思が弱いから?(ダイエットにREBTを活かす)

ダイエットにREBT(論理療法)を活用する方法についてです。

(REBTは認知行動療法のひとつ。入門編はこちら

ダイエットできないのは「意思が弱いから?」

まずは、質問。

あなたは、ダイエットができないのは「意思が弱いからだ」と思っていませんか?

イラスト「意思が弱いから?」と質問

 

「意思が弱い」…まあ、それも間違いではありません。

でも、REBTの理論からすると、「意思が弱い」以前の問題として、ダイエットできないあなたは「思い込みが強すぎる」のです。

 

ダイエットできないのは「思い込みが強すぎる」から

ちょっと考えてみましょう。

一例として、「チョコが目の前にあるとつい、むさぼるように食べてしまう。ガマンできない!」という状況を考えてみましょう。

あなたは、目の前のチョコを我慢することができない!

でも、他の人もみんなそうでしょうか。

イラスト。目の前のテーブルにチョコ

あなたの友人は、チョコが目の前にあっても平気かもしれません。

なのにあなたは、目の前にチョコがあると、欲しくて欲しくてたまらない。チョコをガマンすることができない〜!

「自分はなんて意思が弱いんだろう」と落ち込むこともあります。

 

でもよく考えると、これはそもそも意思の強さの問題じゃないんですね。

だって、同じテーブルの友人は強い意志を発揮しなくても、平気でいられるわけですから。

問題は、あなた自身の思い込みなんです。

イラスト「思い込みが強すぎるから」

 

これはREBTのABC理論によって説明できます。

※ABC理論=出来事(A)が感情や行動などの結果(C)を決めるのではない。その人自身の「思い込み=ビリーフ」(B)が結果を決める、という理論。

イラストABC理論

 

同じチョコを目の前にしても、あなたと友達の結果がちがうのは、「思い込み」が違うからです。

イラスト。チョコで頭がいっぱい

たとえば、あなたはこんな思い込みを持っているのかもしれません。

「チョコを食べる機会があれば、絶対に逃すべきではない」

「私はチョコを我慢することができない」

こういった、自分がこうなりたいという目的(ダイエット成功)を妨げる思い込みのことを、REBTでは「イラショナルビリーフ」(不合理な思い込み)と呼びます。

 

「絶対に食べなきゃ!」という思い込みにツッコミを入れる

では、どうすればいいのか?

…そうです。あなた自身の思い込みを、もっと適切なもの(=ダイエットの目的を妨げないもの)に置き換えればいいのです。

この「目標への助けとなる」考えを「ラショナルビリーフ」(合理的な考え)と呼びます。

つまり、REBTの問題解決は、次の手順を取ります。

(1)目標達成を妨げるガンコな思い込み(イラショナルビリーフ= iB)を発見する

(2)目標達成に向かいやすいフレキシブルな考え(ラショナルビリーフ=rB)に置き換える

イラスト。ガンコからほどほどへ。

 

そして次のステップとしては、そのイラショナルビリーフに対して、ツッコミを入れるわけです。

「チョコを食べる機会があれば、絶対に逃すべきではない」

という思い込みに対して、「それって本当?」と問いかけるのです。

イラスト「Bにツッコミを入れるD」

 

そのツッコミの入れ方にもいろんな方法がありますが、ここでは1つだけ紹介します。

 

友達だったらどんな声をかけるか?

それは「(ダイエットできなくて困っているのが)友達だったら?とイメージする」方法です。

「チョコを食べる機会は、絶対に逃すべきではない」

と思い込んでいるのは、あなた自身です。

だけど、自分のことってなかなか冷静に判断できませんよね。

だったら、こうイメージしてみてはどうでしょうか。

目の前の椅子にあなた自身が座っていることをイメージします。

そして、まるで友達に話しかけるように、話しかけてみてください。

その友達(自分)に、どんな声をかけますか?

声のかけかたはいろいろあります。たとえば…

  • 「チョコを食べる機会があれば、絶対に逃すべきではない」って本当? 
  • 誰がそんなこと決めたの?
  • そのガンコな思い込みを持つことは、自分にとって得になると思う?
  • 本当にガマンできないの?

などなど。

自分の問題を友達の問題だと置き換えることで、客観的に見られることもあります。

 

新しいフレキシブルな考えを持つこと

そして、ガンコな思い込み(iB)にツッコミを入れたあとは、フレキシブル(柔軟)な考え(rB)に置き換えます。たとえば…

【ガンコな思い込み】(iB)

「チョコを食べる機会があれば、絶対に逃すべきではない」

【フレキシブルな考え】(rB)

「チョコを絶対に食べなければならないという理由はない。私はチョコに支配されるのではなく、ほどほどに楽しむことができる」

 

このフレキシブルな考えを身に着けられれば(そこに至るまでにはそれなりの努力が必要ですが)、ダイエット成功に一歩近づけるわけです。

自分の中のガンコな思い込みを発見して、柔軟な考えに置き換えるREBTの方法。ぜひ参考にてみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。