家族に傾聴を使うコツ〜「傾聴しなきゃ」より「○○しよう」と考える!


傾聴を学び始めると、さっそく練習したくなります。

「さて練習相手はどこにいるか…」と周りを見渡すと、真っ先に見つかる練習相手は家族ですね。あるいは、親子関係など家族とのコミュニケーションを改善したい目的で傾聴を習い始める人もたくさんいます。

ところが、「家族を相手に傾聴を練習してみるけれど、うまくいかない。鬱陶しがられたり余計にギクシャクしてしまう」という悩みも耳にします。

そんなときのコツをご紹介しましょう。

「傾聴しなきゃ」ではなく「○○しよう」と考える!

家族に傾聴を使うときのコツ。それは、「ちゃんと時間をとって傾聴しなきゃ」と考えすぎないことです。

だって、たとえば子供の立場で考えたら、「お母さん(お父さん)が今から話を聞くよ」と言われても面倒くさいですよね。子供はいつもそんなに素直じゃありません。「ウザッ」と思われるのがオチです。

では、どうするか?

家族を相手に傾聴するときは、改まって「傾聴しよう」ではなく、まずは「理解しよう」と考えてください。いま目の前にいる子供(親、パートナー…)を純粋な好奇心で「理解する」。それならできると思いませんか。

(例1)息子の「ヤバイよ!」

「ヤバい」という言葉について確認する親子のイラスト

たとえば、高校生の息子が帰宅して「体育の山田先生ヤバいよ〜」と言ったとします。

この「ヤバい」はいい意味で言っているのでしょうか、それとも悪い意味なのでしょうか? これだけでは分かりません。

だったら、まずは子供の言葉の意味を理解しようと聞き返してみましょう。

「『ヤバい』ってことは、すごく優秀だってこと?」

あるいは

「『ヤバい』ってことは、生徒に嫌われているってこと…」

相手の発言に対して、自分の理解を確認する。とても短いけれど、これは傾聴です。

(例2)父親の「今の政治家はダメだ」

父親がテレビを見ながら、「今の政治家はダメだ」と、文句を言っているとしましょう。

それに対して、相手の気持ちや考えを理解するために聞き返してみる。たとえば…

「お父さんは今の政治に不満があるのね」とか

「昔の政治家の方がよかった…(と思ってるんですね)」とか

「政治家はもっと国民のことを考えるべきだと思ってる…」など。

相手の気持ちや考えをまず理解する言葉を返してみる。これこそが傾聴の核となるリフレクション(聞き返し)の技法です。

もちろん、ごく簡単に「今の政治家ダメ…」と(理解を確認する意味で)返答してもOKです。

「今の政治家はダメだ」というお父さんに対して、「そんなことないよ。今の政治家も意外とちゃんとしてるんだよ」と反論したり、「そうそう。ダメな政治家ばっかりだよね」と同調したりすることと、「まず相手の言葉を理解すること=傾聴」との違いがわかりますか。

「傾聴」=「理解の確認」として家族に使おう

改まって「じっくり話を聞くよ」とやらなくても、日常会話の中で、賛成や反対やお説教やアドバイスではなく、まずは相手の言葉を理解しようとする。そして、その理解が合ってるかどうか言葉にして伝え返す。

これを繰り返すことで、傾聴は自然と上達していきます。ぜひお試しください。

○「日常で使える傾聴」練習会はじまります

「日常で使える傾聴」練習会、オンラインで始めます。

傾聴練習会の告知画像

【日時】

(1)6/3(木)20:30~21:45

(2)6/15(火)20:30~21:45

(3)6/17(木)20:30~21:45

手頃な費用で傾聴スキルを上達させるための新しい発想のプロジェクトです。

ご興味ある方はリンク先をご覧ください。

「日常で使える傾聴」練習会(6月/一般用)

(関連動画)

クリックでフォローできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。