傾聴:「開かれた質問」から「聞き返し」を作る


「OARSで学ぶ傾聴教室」、今年初回は「10分の傾聴セッション」。「今年やってみたいこと」をテーマに傾聴セッションを行いました。

◯感情に注目する

Aさんは以前、事柄の方に興味が向かうクセがあったのが、今回は話し手の感情に注目し、そこを聞き返すことができるようになりました。練習の成果!

「どんな言葉で気持ちを聞く」のイラスト

◯「開かれた質問」から「聞き返し」を作る

傾聴とは、話し手の内面を積極的に理解する聞き方。その時に、「話し手に質問する以外にどんな応答があるか」のディスカッションを行いました。

このとき最重要のスキルが「聞き返し」(reflection)。「開かれた質問」から「聞き返し」を作る方法を確認しました。

仮説形成による聞き返しのイラスト

(例)※「運動したい」というCLに対して

開かれた質問:「なぜ運動したいのですか?」

仮説を立てて聞き返す

(手順1)開かれた質問に対する答えを推測する。(運動したいのは「健康のため」「スッキリするから」「体型維持のため」など)

(手順2)その仮説を用いて聞き返す。(「健康を大切にしているんですね」etc.)

※仮説形成よる聞き返しは、必ずしもピッタリ正解である必要はない。誠実に行えば、それが、話し手が自己探索を行う手がかりとなる。

これができると、スムーズな会話の中でCLの内面を協働して探索できるようになる。

傾聴が Active Listening とも言われるように積極的・能動的なコミュニケーションであるゆえん。

(感想)

傾聴の練習セッションをやってみて、相手の気持ちを聞くという自己目標を少しづつですが、意識してできるようになってきました。

次の目標も明確になりました。

聞き返しと開かれた質問の使い分けを意識的に出来るようになることです。個人的には聞き返しが相手をサポートしている感覚があり、好きです。

ありがとうございました。

「OARSで学ぶ傾聴教室」は、毎月2回開催中です。

第1火曜:傾聴

第3火曜:動機づけ面接(MI)

1/17(火)MI

2/7(火)傾聴

2/21(火)MI

・・・

各日ともセッション練習+ディスカッションの予定。傾聴・MIはスポーツや楽器の練習と同じで、継続して練習することで上達します。お気軽にご参加ください。

クリックでフォローできます


傾聴:「開かれた質問」から「聞き返し」を作る” に対して4件のコメントがあります。

  1. 中塚優子 より:

    「OARS」で学ぶ傾聴教室には誰でも参加できますか?その場合は参加方法を教えてください。

    1. wynef より:

      中塚さん。コメント、お問い合わせありがとうございます。ご返事遅くなってすみません。

      「OARSで学ぶ傾聴教室」について。

      ・「ハートのフィットネスクラブ」(HFC)メンバーは、1回500円。
       (HFCは1000円/月。初月無料。定例イベント、読書会など特典込み)
      https://community.camp-fire.jp/projects/view/409278

      ・一般参加は1回 1500円です。最近はそれ用のイベントページを立てていないので、言っていただければ、ページを立てます。そこから申し込んでください。

      ・無料見学も可能です(1回)。その場合はメールフォームからメッセージください。

      その他、ご質問などあればお気軽に。以上、よろしくお願いいたします。 藤本

      1. 中塚 優子 より:

        藤本さま
        ご連絡ありがとうございました。
        では、2月からHFCに入会したいと思います。
        現在、「寛容と連携の日本動機づけ面接学会」の会員に加えていただき、
        zoomで学ばせていただいています。

        今後ともよろしくお願いいたします。

        1. wynef より:

          中塚さん。ありがとうございます。ぜひ〜 (^^)

          「寛容と連携の日本動機づけ面接学会」にも参加されたのですね。
          私もJsSMINeの研修で学んで、今は理事のリストに入っています。(理事らしいことは何もしていないですが笑)
          傾聴・MIに関することで、何かあれば気軽にご質問ください。 藤本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です