「どうしよう!」に「○○」をつければ、問題解決が一歩近づく


「どーしよう○○」のイラスト

やるべきことは沢山あるのに、どこから手を付けていいかわからない。

「どうしよう!どうしよう!」と、気ばかり焦ってしまうことはありませんか。

そんなとき役に立つ、魔法の方法があります。

それは「どうしよう」に「○○」をつけること。

さて、この「○○」とは何でしょう?

*******************************

(シンキングタイム)

*******************************

答えは「かな」

「どうしよう!どうしよう!」と焦ってしまうとき、「かな」を付けて「どうしようかな?」と考えてみる。

焦り&パニックモードから、問題解決モードへの転換!です。

○問題解決の手順

「どうしようかな?」の後は、問題解決の手順を意識して進めます。

とりあえず、何が問題なのか紙に書き出してみるだけでも、一歩前進です。

(問題解決の手順)

1.問題を把握する

2.原因を把握する

3.解決策の選択肢を書き出す

4.解決策を絞り込む

5.実行する

あるいは、これから遭遇する「どうしよう!」のときに備えて、「どうしようかな?」と問題解決モードになった後にすることのリストを作っておく手もあります。

(問題解決モードになったあとにすることの例)

  • とにかく1分だけ取り掛かってみる。
  • 大きな問題はできるだけ小さく分割してみる。
  • 「自分でコントロールできること」「自分でコントロールできないこと」に分けて、コントロールできることから手をつける。

…など。

問題解決の手法はさまざま。でもまずは「問題解決モード」に意識を切り替えることがポイントです。

「どうしよう!」に「かな」をつけて「どうしようかな(・・)?」とギアチェンジ! ぜひお試しください。

藤本祥和(REBT心理士・動機づけ面接トレーナー)

○告知

2月23日(火・祝)、2月27日(土)に、足立区の助成金を受けたオンライン研修があります。

NPO法人なりわいプロジェクト主催の研修ですが、会場を借りて行う予定がオンラインになったので、今回は参加費無料になりました!

ご興味ある方はお気軽にお申し込みください。(区外からも参加OK。詳細は告知イラストをクリックしてください)

レジリエンス研修の案内

やる気をサポート研修の案内

クリックでフォローできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。