トラブルだらけでもパニックをふせぐ方法〜「クリティカルA」

先日、トラブルだらけの日がありました。

私はラジオのディレクターをしているのですが、編集作業に使うメインのパソコンがなぜか使えない!(月〜金のレギュラー番組で量が多いので、数日でも滞ると仕事にならなくなります) ※1

データのバックアップはとっていたものの、ある仕事で必要な資料一式がなぜか見つからない! ※2

たまたま同じ日にクレジットカードの引き落としメールを受信。解約したつもりのサービスが1年延長で3万円引き落としになっている!(月2,500円でも年間だと3万円になります) ※3

みなさん、こんな風にトラブルが重なると、パニックになったり、イライラして何も手につかなくなることはありませんか?

イラスト:トラブルだらけ

そんなときに使えるいい方法があります。認知行動療法のひとつであるREBTで「クリティカルA」(=重大な出来事)と呼ばれる方法です。

 

クリティカルA=サイアクをイメージする

やり方は簡単です。

トラブルがきっかけで感情や行動が乱れそうになったときに、その出来事を「起こりうるサイアクレベル」までイメージするのです。

私の例で見てみましょう。

(1)パソコントラブル

1つ目はパソコンのトラブルです。

愛用のパソコンが壊れると、使用ソフトの関係もあり、代わりのパソコンがない状態でした。(少し前までもう1台あったのですが、娘が留学先に持っていってしまいました)

この場合の「サイアク」は何でしょう? 私の場合なら、こうです。

パソコンが壊れて、修理に出さざるをえない。とはいえその間も仕事は続くので、もう1台購入する必要が生じるかもしれない。

もう1台…マックのノート型なら20万円ほどでしょうか。大きい出費ですが、逆にいえば、サイアクでもそれで問題が解決することがわかりました。

(2)資料が見つからない

資料が見つからないと、1からやり直さなければいけない作業が生じます。時間もかかるし面倒です。

でも客観的にみれば、作業をやり直せばなんとかなることがわかりました。

(3)契約解除したつもりのカードの引き落とし3万円

一応掛け合ってみるつもりですが、先方が払い戻してくれないと3万円の損失になります。

でも、サイアクでも3万円ですむことが再確認できました。

イラスト。サイアクの場合をイメージする。

(1)〜(3)を合わせると、サイアクの場合でも、合計23万円程度の出費と、作業のやり直しであることがわかりました。

たしかに出費は痛いです。作業は面倒です。でも「人生これでおしまい」「この世界のおわり」というほどひどい話ではないことがわかって、とりあえず安心することができました。

 

ちなみに、このシミュレーションはあくまで「サイアクの場合」です。

実際には、(1)パソコンはサポートセンターに連絡して復活 (2)バックアップの資料も無事発見(思っていたのと違うフォルダに入っていた) (3)3万円の引き落としも払い戻してもらうことができました。ホッ…

いかがでしょう。

イラスト:サイアクを想像

「大事な取引先にいくときに、電車が止まって約束の時間に間に合わない」とき、もし不安、焦り、怒りで取り乱しそうになったら「サイアクをイメージする=クリティカルA」を思い出してください。

取引先担当者が大激怒する。取引がメチャクチャになって仕事を失う。…などなど。

起こりうるサイアクを想像し、でも、それがすべての終わりではないことを確認することで、自分の感情を「不安」「パニック」「落ち込み」などの極端なものから、もっと穏やかなものに変換することができますよ。

ぜひお試しください。

イラスト。それでも人生はつづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。