「あの人と結婚できないと幸せになれない?」…ロジカル思考で楽になる


本に載っていたやや古めかしい例ですが、こんな女性がいるとします。

「あの人と結婚すれば、わたしは幸せになれる。でも、あの人とは永久に結婚なんてできない。だから、わたしは一生不幸なまま」

あの人と結婚できなくて悲しんでいる女性のイラスト

ロジカルな観点から、この思考のどこがおかしいかわかりますか?

(彼女の思考プロセス)

前提1:あの人と結婚すれば、わたしは幸せになれる。

前提2:でも、あの人とは永久に結婚なんてできない。

結論:だから、私は一生不幸なままだ。

前提1と前提2はとりあえず正しいとしておきましょう。そのとき、この結論が導けるかどうかですが…

P:あの人と結婚する。

Q:わたしは幸せになれる。

として

「PならばQ」のときに、「PでないならばQでない」とは必ずしもいえません。(論理学的には「裏」といいます)

「あの人と結婚できれば、私は幸せになれる」が真だとしても、「あの人と結婚できない場合」に自分が幸せになれるかどうかは、どこにも触れられていないからです。

たとえAさんと結婚できなくても、Bさん、あるいはCさんと結婚して幸せになる可能性があります。また、もちろん誰とも結婚しなくて幸せになれる可能性もあります。

結婚と幸せの図

「あの人と結婚できれば、わたしは幸せになれる」という推論は、集合や論理を表すオイラー図(ベン図)を使って、このように表わせます。

この図において、「あの人と結婚する」の外側の緑の部分は「あの人とは結婚しないけれど、わたしは幸せになれる」という可能性を表しています。

※ちなみに、「あの人と結婚できれば、わたしは幸せになれる」という前提が真の場合に論理的に導かれるのは、「私が幸せになっていないならば、あの人とは結婚していない」です(「対偶」(たいぐう))。これは図の黄色い部分ですね。たしかに、幸せでない場合は、あの人とは結婚していません。

○「代わりになる思考」の見つけ方

同じことは、日常生活のいろんな場面で目にすることができます。

たとえば、クラスで孤立して学校生活に悩んでいる生徒がいるとしましょう。

「クラスに友達ができれば、僕は元気に生きていける」

これが正しいとして、「クラスに友達ができなければ、僕は元気に生きていけない」のでしょうか。

友達と元気の図

そんなことはありません。たとえクラスに友達ができなくても、その子は他にいろんな選択肢があります。

クラスだけがその子の世界ではない。別に学校に行かなくたって元気に生きていく方法はあるのです。

もうひとつ、「この事業が成功したら、私は胸を張って暮らせる」はどうでしょう。

これは、「この事業が失敗したら、私は胸を張って暮らせない」ことを意味しません。

事業と胸を張って生きる図

事業が失敗しても、この人には胸を張って生きることができます。

成功/失敗にかかわらず、胸を張って生きるかどうかは自分で決めればいいのです。

「結婚」「友達」「事業」などなど、上手くいけばもちろんいいですが、たとえ上手く行かなくても、自分の生き方をネガティブな面だけに限定する必要はありません。

「結婚できれば幸せ」「友達ができれば元気」「事業が成功すれば胸を張れる」…それぞれの思考の外側にたくさんの「代わりになる思考」を持っておくことで、毎日が楽になり、いざというとき、次の一歩を踏み出しやすくなります。

 

藤本祥和(REBT心理士・動機づけ面接トレーナー)

○告知

2月23日(火・祝)、2月27日(土)に、足立区の助成金を受けたオンライン研修があります。

NPO法人なりわいプロジェクト主催の研修ですが、会場を借りて行う予定がオンラインになったので、今回は参加費無料になりました!

ご興味ある方はお気軽にお申し込みください。(区外からも参加OK。詳細は告知イラストをクリックしてください)

レジリエンス研修の案内

やる気をサポート研修の案内

クリックでフォローできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。