説得と傾聴のワーク(OARSで学ぶ傾聴教室)


「説得と傾聴のワーク」の動画をYoutubeにアップしました。

他の動画と同じく、HFCメンバーの根岸みづきさんに協力してもらっています。(というか、まとめて収録したものを順番に編集)

説得と傾聴のワークのサムネイル

1回目は、2分間ひたすら説得して相手を変えようとします。

2回目は、傾聴、相手の気持ちや状況や考えを理解しようとします。

それぞれ、話し手はどんな風に感じるでしょうか。

また、基本スキルOARSがどの程度使われているか、使われていないか、確認してみてください。

O:開かれた質問(Open Question)

A:是認(Affirmation

R:聞き返し(Reflection

S:要約(Summary

OARS(オールズ)のイラスト

最後に、説得の言葉(P)、聞き返し(R)として聞き手の発言をメモしたときに、2分の短いセッションに大きな違いがでてくることも見ていただければと思います。

OARSを基本スキルとして考えることで、セッションの特徴をより客観的に判断することができます。

OARSで学ぶ傾聴教室

HFC(ハートのフィットネスクラブ)では月2回OARSで学ぶ傾聴教室」をオンラインで開催しています。

医療や司法、教育、支援分野で世界的に普及してきている最新の「動機づけ面接」(MIの考え方を取り入れることで、より効率的に傾聴スキルを身につけることができます。

HFCのテーマである「セルフケアの習慣化」普及を目指して、手頃な価格設定になっています(一般:11500円/HFCメンバー:1500円)。ぜひご活用ください。

藤本祥和(HFC主宰/REBT心理士/動機づけ面接トレーナー)

クリックでフォローできます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。