短期的快楽と長期的快楽を比べると、決断の質が変わる

やりたいけど、やりたくない。一歩踏み出したいけど怖れもある、などと決断に迷うことってありますよね。また一方で、ネットを見すぎてつい時間を無駄に過ごしてしまった、健康に悪いと分かっている習慣がやめられないということも。

人生は決断の連続です。お昼にラーメンを食べるかカレーを食べるかという小さな決断から、結婚、転職、家を買うかどうかなど大きな決断まで。

決断できずに迷うとき、また、つい目先のことに流されてやりたいことができないとき、覚えておくといいことがあります。

それは「短期的快楽」と「長期的快楽」が逆転するという現象です。

短期と長期のイラスト

極端な例を挙げましょう。

偶然、違法ドラッグを簡単に手にする機会ができたとしましょう。それにハマると、短期的には快楽が得られます。だけど長期的には、あなたの健康や社会的地位を台無しにしてしまうことになります。つまり短期的にはメリットがあっても、長期的にはデメリットが甚大です。

一方、資格取得を目指してコツコツと勉強することはどうでしょう。仕事との両立は大変です。短期的には苦労が多いですが、頑張って目標を達成すれば、長期的な快楽を得られることになります。

このように「短期的快楽」と「長期的快楽」はしばしば逆転します。

もちろん短期的にも長期的にも楽しいことがあれば理想ですが、それだけを望んでいると、ないものねだりになって、結局は決断できずにモヤモヤすることになります。

 

決断に迷うとき、また、生活習慣を変えたいと思うときは、「やる/やらない」「やめる/やめない」などの選択肢について、「短期」と「長期」それぞれのメリット、デメリットを書き出してみましょう。

そうすることで、より広い視野から決断できるようになりますよ。

※REBT(論理療法)によるカウンセリングでは、しばしばこのような観点から短期目標と長期目標を設定します。

→REBT(論理療法)のおすすめ記事

→REBT(論理療法)によるオンラインカウンセリング

 

フォローどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。